世界平和を目指して

人も動物も植物も幸せにするカウンセラー日記

ふやかしご飯とか色々…

Abyです。

 

過去にフェレットが介護になったときはこれほど時間を管理することはなかったので、インスリノーマに限らず、フェレットちゃんが高齢で介護になった方に参考までに書き記しておきます。

 

我が家のご飯は

f:id:lovelyAby:20201129093810j:image

この3種です。

1番左はフェレットフード、

真ん中と右はキャットフードです。

 

キャットフードは、フェレットが食べても大丈夫なものとそうでないものがあるので、専門家に相談して決めています。

 

色々試した結果で、すべてのフェレットちゃんが合うわけではないので、あくまでも参考にしてください。

 

フェレットくん、我が家にきたときからずーっとお腹が緩くて、みんな大好きフェレットバイト(有名なオヤツ)も舐めると下痢するんです。。

 

ご飯を変えようと思い、色々探して、これらのフードにたどり着きました。

 

人間もそうですが、予防するには食べ物を良質なものにしようって。

 

そのおかげかは分かりませんが、7歳になる少し手前まで病気らしい病気にはなりませんでした。

 

カリカリした状態で食べていたのですが、やはり体力的に噛むのに疲れてしまうので、量を食べない。そうするとまた発作を起こす可能性があるので、とにかく食べてもらうことが大切です。

 

これら3種のフードを混ぜて、ミルサーにかけて、粉砕します。

f:id:lovelyAby:20201129094830j:image

 

ある程度の量を作っておいて、空気が入らないジップ付きの入れ物に保管しています。

 

フェレットくんは1日、40gから50g食べるので、一袋60gにしています。

 

これをお皿に出す時に測って、ポットのお湯を入れてふやかし、それを食べてもらっています。

 

f:id:lovelyAby:20201129095805j:image

 

 

そして、これはインスリノーマに限ってですが、低血糖を起こさないために、ブドウ糖も必須なので、ふやかしに混ぜたりしてあげています。

 

f:id:lovelyAby:20201129095406j:image

 

青い蓋の容器に3mlブドウ糖を入れて、あとはお水で薄めてあげます。※病院で処方されたものです。

 

その他にも朝晩の薬、ご飯の時の薬、色々あります。

 

なので、フェレットくんノートをつけて忘れないようにしています。

 

f:id:lovelyAby:20201129095731j:image

ご参考までに😊

預かり

Abyです。

 

あれから発作は起きていません。

試行錯誤しながら食べる量や、時間が分かってきました。

 

はじめは食べてくれるからと欲しがるだけ食べさせて、えずいてしまったり、、、そのおかげでお腹がぽんぽこになってしまった😅

 

 

カリカリご飯をミキサーにかけて、お湯やブドウ糖でふやかし、3時間から5時間おきにたべてもらってます。

 

ぐっすり寝てる時に起こしたり、たくさん食べた後の3時間後のご飯だと、あまり積極的に食べないけれど、量を調整し、3時間から4時間おきに自ら起きてきてはご飯を催促してくれるようになりました。

 

タイミングがわかるまでが大変でしたが、なんとか頑張っています💪

 

が、しかし、人間側の慢性的な睡眠不足により、身体のあちこちに不調が出始めています。

 

夫婦2人で交代といえども、仕事はあるし、夜中も起きてるから、体調不良にもなるよね…😱

 

仕事中はシッターさんにご飯食べさせにきてもらっているけれど、夜中はそうはいかない。

 

来週から仕事が忙しくなるのもあり、1週間病院で預かってもらうことに決めました。

 

ずーっとずーっとずーっと悩んで、悩んだ結果です。

 

私が倒れてしまったら、お世話することもできない😞

 

そして、金曜日はzoomで、お弟子仲間との望年会✨✨✨に参加しました!

 

久しぶりに見るみんなの笑顔に元気をもらい、楽しい時間でした💕

 

私はひと足先に退散して、眠りについたのですが、楽しい時間は大切ですね😆

 

さてさて、預かり準備に取りかかります💪

 

f:id:lovelyAby:20201128192824j:image

ふやかしを食べてます🥰

まだまだ頑張ってます

またまた日曜日に発作が起きて、ほんとに家族のいるときにしかも見てるときに毎回発作を起こす…

 

なんで親孝行なの…

 

半日入院して、しっかり点滴をしてもらってお墨付きをもらってから帰ってきた。

 

夜中にも起きてご飯を食べてもらわないとならない。

 

カリカリとふやかしご飯を用意して、ブドウ糖液と水分とお薬と飲ませながら、間違えないように30分から1時間くらい起きてからまた寝る

 

今日も通院して、先生から

「不安なのが1番精神的に辛いから、ある程度想定した行動ができたらママも安心よね。こうなったらこうするって分かっていることと、この子の発作の起きそうなときも分かってくるから(無理なときもあるけど)それに臨機応変に行動できるようになりたいわよね」って。

 

 

フェレットくんの場合、カリカリはずーっと自分で食べてたんだけど、週末にいきなり食べなくなって、それから発作が起きることが分かってる。

 

発作か起きるその前に、栄養価の高いドリンクとか、ジュースを教えてもらって空腹をなんとか避けるように用意した。

 

病院で、酸素室に入ったときはどこ行くの?置いてくの?って顔してたけど、帰ろうねって声かけたら、顔をペロペロと舐めてくれて、びびりだし、人見知りだし、慣れない環境は苦手だもんね。

 

 

安心して寝てくれてるのがほんとに愛おしい🥰

 

さて、ご飯終わったから睡眠取らなきゃね!

 

まだまだ頑張るよ💪

 

f:id:lovelyAby:20201117234649p:image

点滴止めるテープがピンクでかわいい💕

アスリートみたい😆

 

 

頑張りどころ

たまにフッと襲ってくる悲しみ、寂しさ。

そして泣きたくてたまらなくなる。

 

フェレットくんの温かさに、香りに、ずーっと顔を埋めていた。

 

このまま、時間よ、止まって。

心臓よ、早く動かないで。

 

愛する家族の命。

 

小さな、小さな、ともしび。

 

私のともしびを分けてあげたい。

 

愛おしい、限りあるいのち。

 

身体はこんなに小さいのに、愛はとっても大きい。

 

たくさんの愛を受け取ってくれてるかな。

 

おうちに来て幸せだと思ってくれてるかな。

 

伝わってるといいな。

週末は…

あなたの心の中の戦争を終わらせる愛と感謝のカウンセラーAbyです。

 

フェレットくん安定しています🥰

こちらも慣れてきたので、お薬もご飯もスムーズにあげることができています🥰

 

朝晩は寒くなるので温度管理が難しい…🔥❄️

 

そして、週末は乗馬に出かける予定🐎

暑さが苦手な馬にとってはとても良い季節🍁

 

 

 

昔は考えられなかったけど💦

 

 

 

うちにはAbyという名のフェレットがいました。

(カウンセラー名の由来のフェレットちゃんのこと)Abyの介護のときは、仕事終わりには真っ直ぐに家に帰って、外出も買い物か、病院かで家を開けても3時間がマックス…みたいな状況でした。

 

隙間時間にうたた寝をして、家のことも全部やって、いや、今考えたら、恐ろしく自分を犠牲にしてたよね💦

 

ゆっくりお風呂に入るのも止めて、とにかくいつもAbyの時間に合わせて動いてた。

 

Abyがご飯を無事に食べて、お薬を飲んだ後だけリラックス…みたいな。

 

とにかく食べて、薬を飲んで欲しくてそれだけに全身全霊をかけてた…

 

Abyがお空に逝く日、朝ごはんを食べなかった。

そして、今でも覚えてるんだけど、口の前に持っていったスプーンを手で払いのけたんだよね…

 

歩くのもフラフラして、力なんかないくらい痩せてたのに。

 

力いっぱい払いのけた。

 

でも私はどうしても食べて欲しくて、強引に口に持っていった。今考えたら私が安心したかったからだよね…

 

そしたら、すでに口の中が茶色くなってて…

 

あぁ、お別れの時が近いと分かって、、、

いよいよかって、、、

 

Abyの見えないところでいつも泣いてた。

見つからないように。

 

 

もうそろそろだから、いらないよって私の手を払ったんだと思う。

 

それから、買い物に行かなきゃならなくて、外出した。

 

帰宅して部屋を除いたらいつもの場所にいなくて、呼んでも出てこないし、探していたらケージの裏に足だけが見えた。

 

 

私が外に出てすぐだったのか?

エアコンで部屋が冷えていたからか、冷たくなってて。

 

冷たくなったAbyを温めながら、抱っこしながら揺すったり、話しかけたりした。

 

だけど、脈も呼吸もない…

 

私のいない間にお空に逝ってしまったの?!

あんなに一緒にいる時間を作ってたのに?!

なんで?!どうして?!どうして一人で逝っちゃったの?なんで?って……

 

そして、もう目を開けることはなかった。

 

寂しがり屋で、夜中に起きて私がいないと鳴いて呼んで、抱っこすると鳴き止んで寝るし、潰しちゃうと困るかし寝なきゃならないから、布団じゃなくて、そのまま床に寝たり、、、

 

あんなにそばに、一緒にいたのに。

 

寂しがり屋なのに1人で逝くなんて!!

 

寂しかったね。

怖かったね。

 

ごめんね。

ごめんね。

ごめんね。

 

1人にしてごめんね。

 

後悔しまくった。

 

 

もっと早く帰れば、逝かなかったかも知れない。

なんでいない間に逝ってしまったんだろう。

口の中が茶色かったら今日かもって思ったのになんで出かけたんだろう。

 

 

悲しみと、自分責めと、苦しかった…。

 

果たして、Aby(フェレット)は幸せだったんだろうか。

 

 

 

介護しながらも、ずーっと考えてた。

 

たられば…のオンパレード。

頭の中の私が自分を責める。

 

 

 

あれから、3年経って、こうして師匠の弟子になって心理学を学んで、自己肯定感が上がってきたいまは、私が疲れ切って、協力してくれない旦那さんに当たって、イライラしながら介護していても、Aby(フェレット)はきっと喜ばない。

 

協力してくれないじゃなくて、協力させなかったし、頼らなかった。

 

全部自分一人でやる!って決めたのに、できなかった。

 

とにかく眠くて、眠たいのに少しの物音でも目を覚まし、当時は熟睡したことがなかった。

気を張り詰めてた。

 

「もう無理なんじゃない?このままじゃ倒れちゃうよ。だから私、もう逝くね。」って言われたような気がして…

 

 

 

介護の子がいたとしても、旦那さんに任せて、頼って、私のワクワクをしないと、フェレットくんにも申し訳ない。

 

泣いて、落ち込んで、いつ逝ってしまうか気にして、寝不足で、何をしても後悔ばかりで、そんな飼い主に介護されたいとは思わない。

 

あなたに依存したり、生きて欲しいとしがみついたりしないよ。

 

あなたのタイミングで、あなたのしたいようにできる限りサポートする。

 

それが私にできる最大のこと。

 

だから、安心してね。

 

いつもありがとう😊

見守ってくれてありがとう😊

f:id:lovelyAby:20201105191637j:image

※お空に逝く前日のAbyです※

フェレット界の仙人みたいでしょ😆

 

 

いつも愛をありがとう😊

 

 カウンセリングのご案内です♡

lovelyaby.hatenablog.com

 

心の安定

あなたの心の中の戦争を終わらせる愛と感謝のカウンセラーAbyです。

 

命をまっとうすること。

 

肉体に魂が宿ってるのか、魂に肉体が宿ってるのか。

 

最期のときをどう過ごすか…

 

私は家族や動物達に見守られて静かに逝きたい。

 

動物病院では、鶏や、リスに会えた。

みんな喜怒哀楽あって、人間の言うこと分かってるって飼い主さんは言う。

 

だよね。

分かってるよ。

絶対。

自分のこと大切にしてくれる人のことは、動物は絶対分かってる。

 

 

元々動物は愛で溢れているけど、先生のところには愛がある人が集まってきてて、重度の子もたくさんきてるから、患者さん同士励まし合ったり、声かけあったりしてて、私も待合室で知らない方から何度もフェレットくんに声をかけてもらった。

 

「えらいね。頑張ってね。」って。

 

みんなあったかい😭

 

それにしても、先生、何でも診れる‼️

 

 

 

最近は、よく夢を見る。

 

フェレットくんのしっぽの毛がふさふさしていて、また元気になってきたね!って話してた夢。

 

いま、フェレットくんは、副腎の関係で、おしりのあたりの毛が抜けている状態。。。

 

夢で元気になるよ!って教えてくれたのかもね。

 

うちのフェレットくん達は、夢で私にメッセージをくれる。

 

私がいつも「お話したいなぁ」ってフェレット達に話しかけてるから、夢で願いを叶えてくれてるのかも知れない。

 

不思議なことがたくさんあるけれど、それは全部愛だと思う。

 

昨日も今日もちゃんとご飯を食べてくれています。

自分で食べられるのに、食べさせてもらえると口を開けて待ってますが、それもかわいい💕

 

いつもたくさんの愛をありがとう😊

 

 

 カウンセリング受付中です♡

lovelyaby.hatenablog.com

 

いざというときのための

あなたの心の中の戦争を終わらせる愛と感謝のカウンセラーAbyです。

 

週末は森の勉強会でしたが、また発作が起きたので、急遽、フェレットくんを連れて病院に行ってきました。

 

勉強会はzoomにて、途中参加でしたが、またひとつ勉強になりました✨

 

発作のためにもらっていた薬がなくなってしまったのもあり、またもや予約いっぱいだったのに隙間時間に診ていただけました。

 

皆さんはホメオパシーってご存知ですか?

 

本来の自らの生きる力に働きかける治療のひとつで、ここの獣医さんはホメオパシーをメインに処方をしてくれます。

 

何だかここの病院にくると、身体の循環を良くするマットに横させてくれて、じっとしていないフェレットくんが、気持ち良さそうに寝てるんです。

 

そして、ある程度落ち着いたので、発作が起こったときのために薬をもらって、帰宅しました。

 

f:id:lovelyAby:20201101235238j:image

 

たくさんあるから間違えないようにしなきゃ🧐

 

発作は辛いもんね。。。

 

獣医さんに、次回の診察はいつか聞いたけど、様子を聞いてそれで判断するとのこと。

病院まで遠いし、家でできることはやって、最終的に病院に来て欲しいとのこと。

吐き気はご飯のあとにくる、とか、どんな発作が起きて、どんな状態になるってことを細かく説明したら、そうちのフェレットくんに合った処方してくれた。

 

先生から

フェレットだから長生きしないとか、もう7歳だからって諦めるのは簡単。この子はまだ生きることを諦めてないのよ。」って…

 

またまた号泣。。。

 

そして、

「これからも大変だけど、ご縁をいただいたからには最期までしっかり診させてもらうからね。一緒に頑張りましょう。

夜中でもいつでも連絡くれていいから」って。

 

😭なんて愛の人なんだろう…😭

 

でも、先生は休みなく働いて、昨年、ご自身が病気になってしまったとか。

 

そういえば患者さんから、もっと休んでくださいね、とか、もう薬飲んだ?って聞かれてる。

 

他の患者さんからの情報で、つい診察に夢中になって薬を飲むのを忘れてしまうらしい。。。

 

 

二回とも診察室で泣いてしまった私。

 

悲しい涙じゃなくて、感動の涙。

 

「生きることを諦めない」

 

先生と、フェレットくんから教えてもらった。

 

いつも、ありがとう😊

 

 カウンセリングはこちらからお願いします😊

lovelyaby.hatenablog.com